Diario di Carta-Studio 小さな工房の日記

日々の出来事、作品作り、美術品修復に関することなどを綴ります

数年前のテストサンプルを見つけたので整頓

共有した方がよい話を報告することは当たり前だと思っていましたが

当たり前ではなかったらしいということにかなり驚いている今日この頃。

悶々としすぎて、つらつらと書いていたら長い長い愚痴になってしまった

ので、いったんやめて読み直してみました。

本当にただの愚痴でした。こんな内容をブログで書くことではないし、

書いたことで少し落ち着いたので、ここまでにします。

アナログの日記でも、何が気になるのか、何に悶々としているのか書いたのですが、

足りなかったようです。こんな時は日記帳ではなく、B5ノートくらいに存分に

書かなければいけないと分かりました。

同じ内容で毎年必ず書いているんですけどね。

 

さて、こんな悶々としている中で、作品の乾燥待ちをしています。

ぼおっと時間が経ってしまうのはもったいないので、数年前に作成したサンプルを見直しました。

2枚のボードを接着し、プレスをして乾燥した場合、プレスをせずに放置した場合の観察用。プレスは一晩、四日間、一週間と3パターンで。

サンプル作成が2019年

2020年にも記録をしていました。

そして2024年。5年経過しています。

プレスの必要性を確認したかったので、サンプルは立てて保管していました。

倒れてこないように軽く押さえていました。

その結果の1つがこちら。

2020年

2024年

2024年の写真はぶれていますが、反っているのはわかります。

それほど変化はないような気がします。

 

この他組み合わせを変えたサンプルが数点ありますが、

写真の撮り直しをしてしっかり記録しようと思います。

 

心の不調は、眠気をよび、やる気をなくさせますので、

心が疲れたなあと思ったときは、自分に優しく過ごしましょう。

好きなものを食べ、好きなことをする。

心穏やかに過ごしたいものですね。

 

優しい時間を過ごすことは心の栄養になる

長い連休だったわけではなく、カレンダー通りに

すごしたGWが終わりました。

振替休日だった6日は仕事でしたが…。

 

予定も特になかったので、バラがきれいな頃だなと

目的地を決めてブラブラと散歩をしました。

行先は、東京競馬場

予想通りきれいに咲いていました。

たくさんの方がこのベンチ付近で写真を撮っていました。

 

こんなにゆっくり過ごした連休は久しぶりでしたが

こんなお休みもいいですね。

 

さて、お休みが終わり仕事が始まると悩み事も増えますね。

自分の神経質さも原因にはありますが、無神経な発言を

繰り返されることは心を乱されますね。

気にしなければいいと思ってきたのですが、ずっとため込んできた

思いは、きっとまた無神経な発言を繰り返すはずだという思い込み

に代わり、すこしのことでイライラしてしまうという悪循環を

生み始めました。

落ち着いて乱れた気持ちを整えられればいいのですが、

それができないときは、距離を保つしかないと考えているので

できる限りかかわらないようにしていこうと思っています。

 

こういう悶々としたときは、美味しいものを食べて、

面白い本を読んだり、楽しい映画を見たりして気分が

あがるように自分に優しい時間をすごすようにします。

 

 

一年ぶりにからくり屏風を作りました

カレンダー通りに過ごすGW。

とくに旅行など行く予定はなく、映画を見に行ったくらい。

ゴジラ×コング 新たなる帝国」

最近のゴジラ作品は見ているのですが、

いわゆる昭和ゴジラシリーズを見ていないので

いつか全部見てみたいと思っています。

ゴジラやコングが戦った後の街の復興が気になる

映画視聴後です。

「大怪獣のあとしまつ」という映画もありましたね、

そういえば。

 

さて、こんな感じで5月になり、お仕事をしつつ

講義準備をしていました。

一年前くらいに「からくり屏風を作ってみました」という

日記を書きましたが、今年も再び作ってみました。

 

carta-studio.hatenablog.com

 

基本的に実技の授業なのですが、春は説明が多いので

この辺りで少し作業をして気分転換をしようと

毎年考えています。

教える方が手順を忘れてはいけないので、今後もこの時期には

からくり屏風日記が書かれることになりそうです。

 

今年は昨年よりも丁寧に作りました。

1つ目



2つ目

洋風で。

 

3つ目

昨年は正方形で作りましたが、今年は長方形で。

こちらの方がからくりが分かりやすい気がします。

 

4つ目

 

5つ目


6つ目


昨年の屏風よりはきれいに仕上がりました。

昨年も書いていますが、あとはセンス。結局センス。

作品にテーマを持たせたら違う紙選びをしたかな、

と思いつつ、手順を思い出したので終了。

 

サンプルとして授業資料にします。

屏風の構造を知るというテーマの授業

なので、まずは基本の羽付けから、です。

紙蝶番ってすごいね、という話

楽しんでくれるといいなあ。

 

皆様、よい休日を。

お仕事の方はご無理のないように。

 

Buona vacanza!!

静岡のおみやげ ➂桜えびハッピーターンと柿の種(桜えび味)

数年ぶりの静岡のおみやげの話。

3年前に

① ガンダムこっこ

 

carta-studio.hatenablog.com

 

2年前に

② 元祖亀まんじゅう

 

carta-studio.hatenablog.com

 

そして、今回は「桜えび」

 

桜えびハッピーターン

 

柿の種 桜えび味

 

駿河湾でとれる桜えび。

さいころから食べてきたので、珍しいものであるとは

思っていませんでした。

生食、干しえび、釜揚げ、かき揚げなど食べ方もいろいろ。

ひげが痛いから生は嫌い、なんて言っていた時もありました。

いま、生で食べる機会が減って贅沢なことを言っていたのだと

分かりました…。

 

せっかくなので、桜えびについて少し調べました。

なんと桜えびは国内の水揚げ量100 % !!

他でも生息しているようですが、漁獲対象となっているのは

駿河湾だけのようです。

春漁は3月~6月ということで、今まさに旬です。

毎年、「由比桜えび祭」が開催されています。

2018年から桜えびの不漁が続いていたようですが、

昨年は少し回復したというニュースを見ました。

今年はどうなんでしょうか。

由比港で行われる桜えび祭は今年も6月9日(日)に開催されるとの

こと。

一度くらい行ってみたい。

そして新鮮な桜えびを食べたい。

 

生の桜えびを頭に浮かべながら、桜えび味のお菓子を食べています。

ちなみに秋漁もあります。

 

 

今日の作業 ~裂地の裏打ち~

本日の作業。

裂地の裏打ち。

紙と紙に行う裏打ちよりも濃い糊を使用する裂地と紙の裏打ち。

最近はあまり実施していなかったので、紙の持ち上げに苦労しました。

情けない…。

作業は、続けていないとやり方のコツを忘れていくものですね…。

 

きれいな仕上がりは当然ですが、美しい作業ができるように精進します

 

敷干し中です。